Home » 維持コストはどれくらいかかるのか

維持コストはどれくらいかかるのか

電気自動車は確かに燃料代の観点から鑑みても、従来のガソリン車より遥かに低コストで運用する事が出来るメリットが備わっています。その他にもCO2削減効果や減税対象など、総じて電気自動車は「優遇」されていることに疑いの余地はありません。
しかし、「維持費」についてはどうでしょうか。確かにランニングコストに優れる電気自動車ではありますが、車検を通す時の費用やメンテナンス代など、車にかかるお金はガソリン車と何ら変わりません。では、電気自動車の維持コストは一体どれくらいかかるのでしょうか。

ガソリン車に比べ、電気自動車のメンテナンス費は以外に安い

表題にもある通り、実は電気自動車のメンテナンス費は意外にも安上がりになっています。では具体的にご紹介して行きたいと思います。

エンジンオイルが無い
まずガソリン車と違う点の一つとして、ガソリンを使用しないため「エンジンオイル」が必要ない、といったところでしょう。エンジンオイルはガソリン車にとってのいわば血液のようなもの。このエンジンオイルは定期的に交換をしなければなりませんし、その分費用もかさみます。
しかし電気自動車にはエンジンオイルがありません。ガソリンで走っているわけではないので当然といえば当然なのですが、必然このエンジンオイル代が浮くというわけです。

ブレーキパッドが減りにくい
従来のガソリン車とは違い、実は電気自動車には「回生ブレーキ」とい仕組みが使用されていてブレーキパットの減りが少なくてすみます。これは電車などにも使われている仕組みなのですが、ブレーキに使用したエネルギーを電気エネルギーに変換し、そのエネルギーを再利用するという原理になっているので、簡易リサイクルとして全ての電気自動車に搭載されているのです。
これのおかげでブレーキパッドの摩耗が少なくてすみ、結果交換の機会も減ってくるのでその分のコストが安くなります。

life