Home » ハイブリッドカーの基本構造

ハイブリッドカーの基本構造

ハイブリッドカー(HV:Hybrid Vehicle)とは、内燃機関(ガソリン)と電動機(モータ)という異なる複数の動力源を持ち、状況に応じて動力源を切り替えることによって走行する自動車のことである。
ハイブリッドカーの方式には3種類あり、シリーズHV、パラレルHV、シリーズパラレルHVという3つである。特に最近のハイブリッドカーに搭載されているのはシリーズパラレルHV方式である。
シリーズ方式とは、エンジンを発電のみに使用し、モータを車軸の駆動と回生のみに使用するもののことであり、エンジンを発電用の動力源として搭載した電気自動車である。エンジンで発電機を駆動し発生した電力をバッテリに一旦蓄え、その電力でモータを駆動して走行する仕組みである。ただ、充電設備を確保しにくい点や充電時間が長い点など様々な問題点がある。
パラレル方式は、搭載している複数の動力源を車輪の駆動に使用する方式。エンジンの役割は、トランスミッションを介して車輪の駆動を行い、同時に発電機の駆動も行う。発電機によって蓄えられた電気エネルギーはモータへと送られ、走行用と指定使われる。また、モータは回生ブレーキにも用いられる。エンジンでは、発進時や急加速時に熱効率が悪く有害排出物が多く発生してしまうが、パラレル方式では、モータは起動時に最大トルクを発生するため、エンジンの欠点である範囲をカバーできる良さがある。